令和2年度事業計画書

◇ 事業計画の基本方針

 本会の目的を達成するため、多摩中央警察署の犯罪抑止総合対策推進計画に沿って、犯罪の未然防止に重点を置き、多摩市、稲城市の両自治体の協力を得ながら、各種地域安全活動を相違工夫して積極的に推進し、「安全で安心して暮らせる街、多摩 稲城」の実現に寄与する。

◇ 事業計画

 1 地域安全活動の積極的推進

 本会が地域総ぐるみとなった「安全・安心まちづくり」に向けた取り組みの中核を担うことを十分に自覚し、「地域社会の絆の再生」に資するため、更に地域住民の防犯意識の高揚に努めることを本年度の事業計画の指針とし、犯罪を未然に防止する観点から、積極的に各種地域安全活動を推進していく。

(1)会員が一丸となり支部活動を強力に推進することで、「自分たちの街は、自分たちで守る」という気運を醸成し、地域住民の防犯意識の高揚を図る。

(2)警察、自治体が発信している情報を活用し、地域の犯罪実態に即した防犯パトロール、防犯キャンペーン、防犯広報等の広報啓発活動を強力に推進する。

 2 犯罪抑止対策活動の推進

(1)東京2020オリンピック・パラリンピックの開催にあたり、防犯パトロールをはじめとする各種犯罪抑止活動を通じ「テロを許さない街づくり」を推進する。

(2)新支部発足活動を積極的に推進し、若い世代や現役世代に対する防犯ボランティアの参加拡充を図るとともに、真の地域住民参加型の各種地域安全活動を強力に推進する。

(3)防犯講習会、各種訓練の開催

   各支部ごとの防犯講習会、各種訓練等を開催するなどして、地域住民の防犯意識の高揚と各種犯罪の抑止対策活動を強力に推進し、オレオレ詐欺をはじめとする特殊詐欺、侵入窃盗、子ども・女性を対象とした犯罪、ひったくり、車上狙い等の犯罪及び凶悪事件等に対する被害防止対策を推進する。

 3 「安全・安心まちづくり」に向けた取組の推進

(1)多摩稲城市民防犯のつどいの開催

   秋の全国地域安全運動の前段階として、稲城市立iプラザにおいて「多摩稲城市民防犯のつどい」を開催する。

(2)防犯駅伝パトロールの実施

  春の地域安全運動期間中は稲城各支部、秋の全国地域安全運動期間中は多摩各支部による「防犯駅伝パトロール」を実施する。

(3)広報啓発活動の推進

  地域住民の身近に発生する犯罪を未然に防止するために、青色回転灯パトロール車等を活用して積極的な広報活動を行う。

  また、多摩稲城防犯協会ホームページの積極的な活用と、タイムリーな情報発信により犯 罪抑止対策に貢献する。

 4 特殊詐欺被害防止を重点とした高齢者対策の推進

  特殊詐欺の発生状況や手口等に関する具体的事例を高齢者に迅速に提供し、先制的な被害防止を図り、株や投資などの儲け話や悪質商法等の犯罪被害防止の広報啓発活動に工夫を凝らして行う。各種キャンペーンを通じて自治会、管理組合、銀行等に対し、高校生、大学生、理事・支部長とで作成した多くの特殊詐欺対策の中から実効性のある項目を選び、実践して特殊詐欺根絶に取り組む。

 5 子どもや女性を対象とした各種犯罪の被害防止

  子どもや女性を対象とした重大な犯罪を未然に防止するために、警察、自治体、学校、PTAをはじめ、自治会、町会、少年柔剣道父母の会、職域協力団体等と連携を密にして通学路等の安全対策を実施するとともに、登下校の見守り活動や防犯パトロールを強化する。

  また、ひったくりや女性を対象とした性犯罪を起こさせないように防犯パトロールや防犯キャンペーンを推進し、市民の身近で発声する犯罪を防止する。

 6 自転車盗をはじめとする乗り物盗被害防止対策の推進

  自転車盗被害を防止するため、自治体・防犯ボランティア等と連携して防犯パトロールや防犯キャンペーンを実施し、駐輪場対策や路上駐輪防止対策を推進する。また、オートバイ盗・自動車盗についても、積極的な防止対策を推進する。