新着
令和元年11月22日金曜日、午前10時から多摩中央警察署4階講堂において、青色回転灯装備車(通称:青パト)の出発式を行いました。 青パトは、年数が経過し経年劣化による維持コストの上昇により入れ替えを検討していたところ、公益財団法人日本財団からの助成を受け、新車を購入することが出来ました。 当日は、生憎の雨のため、当初予定していた玄関前でのテープカット等は、中止し室内だけの式典といたしました。多くの来賓の方々が見守る中、レプリカキーの贈呈、防犯協会を代表して落合鶴牧南野支部の支部長が決意表明を行い、パトロールに出発しました。新しい青パトは、今後、各支部の定期的なパトロール等に使用していきます。  
令和元年10月21日(日)、全国地域安全運動の一環として「多摩防犯駅伝パトロール」が行われました。当日は、多摩市総合体育館をスタートし、聖蹟桜ヶ丘駅➡永山駅➡永山南公園➡豊ヶ丘南公園➡宝野公園を経由し、多摩センター駅まで約13kmを歩きました。最後に多摩センター駅前の遊歩道を多摩市主催の「防犯パレード」に合流し、一緒にパレードを行いました。当日は、延べ約550名の方々が参加いたしました。                                              
令和元年10月10日(木)、午後1時30分から午後4時まで、パルテノン多摩小ホールにて、「多摩稲城市民防犯のつどい」を開催しました。当日は、大勢の多摩市・稲城市の市民の方々が入場し、座席は、ほぼ満席の状況でした。 第一部は、式典・ボランティア結成式・安全安心まちづくり宣言が行われました。 ボランティア結成式では、稲城市三校の中学校が出席いたしました。また、安全安心街づくり宣言では、「多摩稲城を日本一犯罪の少ない街にしよう!」と高らかに宣言を行いました。             第二部は、東京都都民安全推進本部による特殊詐欺被害防止公演でした。演じたのは、プロの劇団「夜想会」の方々でした。また、公演の後、多摩中央警察署生活安全課長による特殊詐欺についての防犯講話が行われました。 特殊被害防止公演は、大変わかりやすい演技で、会場を盛り上げていただきました。              第三部は、ボニージャックスによる「美しいハーモニー」でした。童謡・唱歌・抒情詩などの美しい日本の歌を美しいハーモニーで歌い、会場の方々を魅了しました。